お知らせ

夜釣りの近況

5月下旬、毎年この時期から魚の動きに変化が見られます。メバルは肩が盛り上がり、脂が最高にのって6月から7月にかけて最も美味しい時期を迎えます。が、マダイやスズキ、アオリイカの接岸によってその居場所を奪われ、ポイントによっては釣果にムラがでてくるようにもなります。既にその兆候は現れ、朝夕のマズメ時にはスズキのボイルが頻繁に見られ、夜間には浅タナでマダイが釣れるようになっています。また、アオリイカの接岸も確認されています。諺に「二兎を追うもの一兎を得ず」と申しますが、釣りの世界では二魚を追うものは三魚を得ることもあり得ますので、今後一カ月ほどは多様性を重視した準備をお勧めいたします。

徒手採捕について
ライフジャケット着用の徹底をお願いします
渡船たい公望の渡船運賃表
渡船たい公望のオンラインショップ
渡船たい公望下津井の天気予報
渡船たい公望備讃瀬戸海域天気予報
ページ上部へ戻る